車の査定前にキズや凹みは修理に出した方がいいのか?

修理に出すか悩む女性

「やっぱ、車のボディーに擦り傷がたくさなったり、バンパーがボロボロじゃみっともないよね」

といった理由で、車買取店に査定を依頼する前に、修理をしよう、と思う人がいます。

まず、答えを先に言うと「キズや凹みはそのままにして、査定に出してください」

その理由ですが、マイナス査定よりも「修理代金」の方が高くなってしまう恐れがあるからです。

「少しでも買取額をUPさせたい」という気持ちから、川崎市内の板金屋で修理を依頼したりする人が意外と多いようです。

実は、車買取店は自社工場や提携修理工場などがありため、キズや凹みなどは格安で修理できます。
ですので、あまり気にせずに査定士さんに見てもらってください。

また、店舗によってはちょっとしたキズなら甘めに査定してくれるところがあります。

A社:キズはマイナス査定
B社:評価しない
C社:評価しない

ということです

また、コンパウンドなどカーショップで購入してきて、気をつかって修復する人がいますが、初心者がやると、白くにごった汚れになってしまいます。
(※私は昔、失敗した下経験があります・・)

費用・お金ともに無駄になってしまうため、よほど自信がある人以外はやめておきましょう。

どうしても気になる方は・・

①板金工場へ足を運び、見積をもらう
②買取店への査定依頼
③現車を実際に見てもらい、査定士さんの相談
④修理代 VS マイナス査定 どちらが費用が高いか比較して決定

という手順でしたら、安心できると思います。

>>車買取は川崎市で!【※私は下取りよりも30万円高く車を売りました】へ戻る

※地元の川崎市でディーラーの下取りよりも買取店に売った体験談をお話します。

このページの先頭へ